スポンサードリンク

視力回復トレーニング

子供の視力回復トレーニングを始めた理由

自己紹介

 

初めまして。 6歳と3歳の2児のママ、WEBデザイナーのいちごみるくです。

 

4月からいよいよ息子も小学生。

 

そんな中、11月末に就学時健診が行われました。

 

その結果を見て愕然としました。

 

 

実は私も小学生の時に視力が落ち、中学生ではたまに眼鏡、高校生からはコンタクト生活と不自由な生活を送っていました。

 

最終的には裸眼視力が0.02まで落ちました。

 

30歳前にラゼックの手術を受け、裸眼視力2.0までに回復しましたが、その後、再び視力が低下し、現在は0.3程度しかありません。

 

息子にはこんな不自由な思いをさせたくありません。

 

実は、私には弟と妹がいるのですが、二人とも裸眼視力は2.0! 両親も1.0程度はありました。

 

祖父が目が悪かったので、私は恐らく祖父の遺伝で目が悪くなりやすいのです。

 

弟や妹は、いくらゲームをしても視力が落ちません。

 

調べたところ、「目の悪い人は目が悪くなる目の使い方をしている」そうです。

 

私の遺伝子を引き継いでいれば、息子も目が悪くなりやすい体質です。

 

父の影響で3歳からテレビゲームをしている息子は、環境的にも目が悪くなりやすい環境でした。

 

何とかして息子の視力を回復させなければ!

 

早速インターネットで視力回復トレーニングのための本と器具を検索。 口コミもチェックして本と器具を購入することにしました。

 

いちごみるくが選んだ子供の視力回復トレーニンググッズ

 

いちごみるくが選んだ子供の視力回復トレーニングのための本と器具を紹介します。

 

1日1回!子どもの目がどんどんよくなるすごいゲーム

子どもの視力低下は、スマホの普及や学習スタイルの変化で、目を動かす眼筋が衰えていることが原因。子どもは筋力向上が大人に比べて早いため、眼筋トレーニングをすれば、その9割は治癒できる。この本では、迷路、間違い探しなど、子どもがゲーム感覚でできる眼筋トレーニングを豊富に紹介しています。楽しみながら子どもの目がよくなる一冊です。

 

 

 

1日3分見るだけでぐんぐん目がよくなる!ガボール・アイ

テレビ、ラジオなどで話題沸騰のあの「ガボールパッチ」を使った視力回復本。この視力回復法は、世界で唯一“科学的に証明された"方法です。日本で初めて、一般の人たち向けに「ガボールパッチ」を紹介し、テレビやラジオに連日出演する人気の眼科医・平松類医師による視力回復法が余すところなく紹介されています。

 

 

 

視力トレーニングホームワック

視力回復トレーニング部門第1位のトレーニング器具。ホームワックでテレビを見るだけでトレーニングできるという手軽さが、子供にも続けやすく、人気の秘訣です。

 

 

 

視力回復トレーニングは、続けなければ効果がありません。

 

子供の視力回復トレーニングを行うにあたってのネックは、続けられるかどうかでした。

 

視力回復トレーニングは、どうしても単調なものが多いので、大人でも続けるにはかなりの根気とモチベーションが必要です。

 

いちごみるくも昔トレーニングをしておりましたが、コンタクト歴が長く、なかなか回復しないのと手間がかかるので挫折した経験があります。

 

今回、好きなテレビを見るだけということなので、これなら子供でも続けやすそうだと思い、ホームワックを購入することに決めました。

 

いちごみるくは、いきなり購入しましたが、ホームワックは1,000円で1週間お試しすることもできます。

 

 

さて、準備は整いました。

 

息子とは下記の約束をしました。

 

・ゲームは1回30分

・ゲームが終わったら視力回復本を見ること

・テレビを見るときは必ずホームワックで見ること

 

ホームワックはまだ届いていないので、届いたらまた報告します!

 

 

スポンサードリンク

-視力回復トレーニング

Copyright© アイトレ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.